2016年11月27日 待降節第一主日礼拝
「神の戒めー第七戒・第八戒」 出エジプト記20章14〜15節

 十戒は、その一つ一つの戒めが独立したものではなく、十戒全体によって、神の戒めとなっている。また、十戒を束縛するものとしてとらえるのではなく、神の愛の業として受け取るべきである。
 イスラエルの民が、意識して十戒を破った時代は、経済的に豊かになった時であった。経済的繁栄によって、民の意識の中に高慢性が顕れてくる。また、その時、祭司たちも民と共に堕落していたので、神は預言者をたてて警告を告げたが、民は彼らを受け入れず排除しようとした。
 神は十戒によって現代のわたしたちを裁かれるのだろうか。新約聖書は、終りの日に裁きを受けるとしているが、一方、主イエス・キリストはわたしたちの罪を赦してくださる方で、十戒を破りがちなわたしたちを癒し、悔い改めさせてくださる。
 「姦淫してはならない」
 聖書は、結婚を非常に大切なものとしており、神と人間との関係につながるものとしている。神は人間にアガペーの愛と、エロスの愛を与えてくださっている。互いに異なった他者と結ばれて、その愛に生きることを喜んでくださっている。エロスの愛=誠実という愛。これを壊すのが不倫であり、不誠実になってはいけない。
 しかし、人間同士の破れが最後の話ではなく、主キリストの愛に立つとき、和解への出口が近づいてくる。

   「盗んではならない」
 この世のありとあらゆる被造物は、神がその居場所を備えてくださっている。正当な理由なしに、それを奪ってはならない。盗み=神のものを奪う。また、すべてが神からの贈り物であることから、それらを独占することも、盗みである。
 神は十戒を通して、人間に責任を負わせておられる。それは、一人の人間に限らず、集団の問題として、収奪の問題としても、盗むなと命じられている。ハイデルベルク信仰問答では、この盗むなという戒めが、隣人の幸せを支援し社会福祉を推進するものであるとしている。